抗生物質の注意点

抗生物質も薬の1種! 抗生物質を服用した時に起こるかもしれない副作用

投稿日:2017年7月26日 更新日:

細菌に効果のある抗生物質ですが、薬ですから副作用があります。
病院で処方された場合には、指導を受けるかと思いますし、何かあればすぐに病院に行けばいいかもしれませんが、中には自分で買ったものを飲む人もいるでしょう。
そこで、抗生物質の副作用について簡単にまとめます。

■絶対に起こるわけではないが注意は必要

副作用は絶対に起こるというものではありません。
人によっても様々ですし、薬によっても確率が違います。
ですが、副作用と疑わしい場合には、すぐに病院に行かないと取り返しがつかないこともあるので、頭に入れておくようにしましょう。

抗生物質を服用して耳鳴りが起こった場合には、すぐに医師の指示を仰ぐようにしましょう。難聴になる恐れあります。
耳鳴りというと高いキーンした音のイメージですが、低い音の耳鳴りもありますので、違和感があれば行動したほうがいいです。

茶褐色の尿が出る、思い当たる節がないのに筋肉に痛みがあるといった場合には横紋筋融解症の可能性があります。
医師に相談後、血液検査をしてもらいましょう。
放置していると腎障害などを引き起こす恐れがあります。

湿疹皮膚が赤くはれる息苦しさをかんじるという場合にはアナフィラキシーショックの場合があります。
聞いたこともある人は多いかと思いますが、アナフィラキシーショックは最悪死に至るような重篤な症状ですから、いち早く病院に行くようしてください。

■気を付けるべき副作用はほかにも

いくつかあげましたが、糖尿病の人はニューキノロン系の抗生物質を飲むことで、糖尿病が悪化するなど、自分の体の状態によっても副作用の重さが変わってきます。
大事なのは副作用があるから飲まないではなく、副作用が出たときにためらわずに病院に行くことではないでしょうか。

-抗生物質の注意点

執筆者:

関連記事

食べ合わせちゃんと気にしてる? 抗生物質と食べ合わせが悪いもの

薬には薬同士の飲み合わせや、食べ物との食べ合わせで効果が変わってしまうことがあります。 もちろん抗生物質にもそういった組み合わせがありますので、今回は抗生物質との食べ合わせの良くないものをご紹介します …

勝手にやめるのはとても危険!? 抗生物質で守ることと耐性菌について

どんな薬であっても副作用がありますから、用法や容量は守らないといけません。 しかし抗生物質に関しては、耐性菌を生む可能性があるため、さらに注意が必要です。 そこで抗生物質を飲むときに注意すべきことと、 …