個人輸入

飲み薬の抗生物質が欲しい時には個人輸入! 代行サイトの選び方とは

投稿日:2017年7月26日 更新日:

抗生物質を日本で手に入れようと思ったら、抗生物質が含まれた軟膏が市販されている程度で、あとは病院で処方してもらう必要があります。
ですが、外国から輸入すればだれでも、簡単に手に入れることが出来るのです。
個人が輸入をするときに使うであろう個人輸入代行サイトですが、どこを選べばいいのかを今回は解説していきます。

■書くべきことをちゃんと書いていること

代行サイトは「代行」とつきますが、やっていることは仲介業になります。
だからというわけではないですが、最低限消費者に提示していた方がいい情報を明記していない場合には利用しない方がいいです。
例えば特定商品取引法に基づいた表記や、プライバシーを扱うのでプライバシーポリシーも必要です。

また、会社の住所電話番号といった連絡先代表者の名前も書いてあるにこしたことはありません。
会社の住所などは、架空のものが書かれている可能性は否定できませんから、一度確認しておくと安心でしょう。

前述通り個人輸入代行サイトは仲介業です。
仲介をして仲介手数料を取って儲けているわけですから、仲介料がいくらであるのかという表などがわかりやすい位置にあることも大事です。
逆に仲介料無料と書いてある場合には、怪しいわけですね。商売である以上、どこかで稼ぐ必要は絶対に出てきます。

一番手っ取り早い確認方法は、口コミサイトなどで評判を確認することにはなるでしょう。
ですが、1つの口コミだけを信用するのは危ないので、この場合でもいくつかのサイトを比較してみてください。

■商品の質にもかかわる

優良な代行サイトは、信頼を得るために輸入元にも気を使っているはずです。
良いサイトを選ぶことで、質のいいものを手にすることにもつながると思いますので、サイト選びは慎重に行うようにしてください。

-個人輸入

執筆者: